ご挨拶

働きながら子育てをする中で感じた社会へのもどかしさ、粟生線存続が訴えられる中、粟生線を毎日利用しているからこそ感じた現状や不満、小野市で同世代の市議会議員がいないことに疑問を抱いたことが、立候補を決意するきっかけとなりました。

 

私は、以下の目標を掲げています。

  • 仕事と子育てや介護が両立できる社会

  • 若い世代の政治関心の向上

  • 若者が生き生きと暮らし、高齢者を支えることができるまち

  • 老若男女、障がいの有無に拘らず、様々な人が集い、互いに関心を持てるまち

 

 

政治離れが叫ばれる中で、次世代のリーダーを担う私たちが市政に目を向け、興味を持てるようなまちづくりが必要だと考えています。 私たちの世代がしっかりと政治参画し、小さなお子様の笑い声が絶えない小野市、お年寄りの笑顔が絶えない小野市を目指します。

 

 

sign